弁護士に相談しよう

自分たちで解決できるトラブルもあれば、解決できないトラブルもあることでしょう。そういった場合は無理せず信頼できる弁護士に相談するのが妥当です。弁護士に相談できる内容を知りたいなら下記を見ておくべきです。

相談の多い内容ランキング

男女
no.1

借金問題

生活苦で借金をしたり、ギャンブル依存症で借金をしたりする方は意外にも多くいます。そして、返済力がない方が弁護士に相談や依頼をしていると言えるでしょう。

no.2

離婚問題

日本では結婚した3組に1組が離婚をしています。その中でも特に目立つトラブルが男女の不倫となっているので、パートナーの動きが怪しいなら弁護士に掛け合ってみるべきです。

no.3

交通事故

交通量の多さに関わらず交通事故は増えてきています。怪我や死亡事故などが起きると慰謝料を請求したり、被告を訴えたりすることができるので、弁護士事務所を尋ねてみると良いでしょう。

no.4

相続問題

血のつながりがある家族や親族であっても、相続で大金が舞い込むとなったら争いが繰り広げられることがあります。泥沼化してしまうのを防ぐためにも大阪の弁護士に依頼しておくのが正解です。

no.5

パワハラ・セクハラ

会社で上司に必要以上の厳しい言葉で責められることをパワハラといいます。そして、会社内で異性が異性の体にタッチするとセクハラに当たります。そのような悩みを抱えている方が弁護士を利用しているのです。

初めて弁護士事務所を利用する方へ

弁護士事務所を利用するようなトラブルに巻き込まれる方はそう多くはないでしょう。示談や裁判などで少しでも有利に事を運びたいのなら良い弁護士を選ぶ方法を知っておくのが賢明です。

弁護士事務所を選ぶポイント

ジャッジガベル

無料相談をしている

最近では、無料で相談に乗ってもらえる弁護士事務所がたくさんあります。費用をかけなくても悩みを打ち明けたり、アドバイスをもらえたりすることもあるので、活用しない手はありません。

自分と合うかどうか

弁護士は裁判が終わるまでの長い付き合いがあるので、できるだけ自分と相性の良い弁護士を選ぶと良いでしょう。そうすることによって、長期戦になっても気兼ねなく思っていることを伝えることができます。

実績の有無

弁護士事務所を構えていても実績がなければ裁判に勝つことは難しいと言えるでしょう。実績はインターネットを利用するだけで簡単に調べることが可能となっているので、チェックしておくのが得策です。

時効の援用ができる人できない人を徹底検証

バッジ

借金には時効がある

生活が苦しくて仕方なく金融機関からお金を借りてしまい、銀行や金融機関から借金をしてしまうことがあるかもしれません。そういったところからお金を借りると利子が付き、期間を過ぎても返済できない場合は借りた額よりも多くの額を返済しなければならない羽目になってしまいます。しかし、借金をしていても弁護士に「時効の援用」を依頼することによって、返済しなくても良くなることがあります。

ジャッジガベル

時効の援用を受けられる場合

時効の援用をしたいと思っていても、条件を満たしていなければ適用されないこともあります。時効の援用が適用される条件とは、借金の支払いをしてから5年以上経過している方が対象とされています。他にも、お金を借りた機関から差し押さえや訴訟をされていないことが条件になります。そして、時効の援用を依頼主に許可してもらうという手段があります。これらは、自分で行なうとトラブルを大きくしてしまうことになる恐れがあるので、弁護士に仲介してもらうと良いでしょう。

説明

料金の相場

時効の援用を全て弁護士に依頼する際は、費用が発生します。これには、だいたい3万円前後がかかると予想することができます。そして、弁護士事務所によっては成功報酬を請求しているところもあるので、事前に見積もりを取っておくと良いでしょう。

トラブル回避を

借金帳消しをすると自分には都合がいいですが、貸主からすると面白くありません。そのためトラブルが起こりやすくなっているので、できるだけ弁護士事務所を通して報復を受けにくくするのがベストです。

自己破産の手続き費用を紹介!

広告募集中