医療ミスは弁護士が成敗!正しい判断に委ねよう

医療ミスは弁護士が成敗!正しい判断に委ねよう

バッジ

医師を訴えられる時

人間は生きていれば癌などの思わぬ大病に見舞われることがあり、時には命を落とす危険性があります。それを阻止するために病院へ行ったにも関わらず、病気の発見が遅れたり、医療ミスで死亡したりした場合には弁護士を雇って医師を訴えることができます。

レディ

法的に裁ける

故意的でなくても医療ミスが発覚した場合は担当した医師などを訴えることが可能となっています。そして、基本的には示談金で終わることが多いのですが、それに納得できなければ訴訟を起こすこともできます。

問題解決の方法

示談

医療ミスが発覚しても生命に別状がなかった場合などは示談をすることができるでしょう。当事者で話し合いをして、加害者が被害者の提示した金額を支払うことで事を収めることができます。

訴訟

医療ミスが判明して加害者と話し合いをしても非を認めなかったり、開き直った態度をみせたりするのであれば、訴訟をするのが得策です。裁判官に正しい判決を下してもらい、相手側を罪で裁くこともできます。


広告募集中